シェフとマダムの雑記

山歩きが好きなフレンチレストラン夫婦のあれやこれ

Top Page › 無題 › シェ・栗崎における台風19号の記録
2019-10-26 (Sat) 00:25

シェ・栗崎における台風19号の記録

10./12(土)~13(日)と日本列島の東海岸線に沿うように北東へと駆け抜けていった台風19号。
強い勢力で日本各地に痛々しい爪痕を残して去って行きました。
当店のあるいわき市も例外ではなく、他の地域と同じく大きな打撃を受けました。
いわき市では、平窪、好間の一部などが特に被害が大きく、床上浸水で今後住めなくなった家屋が多数。
台風から2週間たった今も、被害にあった方たちのご苦労は続いています。
考えたくないですが、地球温暖化を止めることが容易でないのなら、こうした災害はまた繰り返されるのでしょう。
今回は、この台風を記録として残すために当店及び周辺のことを書き留めたいと思います。


10月8日(火)にはテレビやネットで 「猛烈な台風19号 今年最強の勢力で関東・東海直撃か」といった見出しが踊り、さらに
台風が予報円の中心を進む場合、11日(金)の午後から関東や東海、近畿を中心に風や雨が強まりはじめ、12日(土)から13日(日)の午前中は関東や東海、北陸、近畿では暴風が吹き荒れ、大荒れとなる恐れがあります。台風本体の活発な雨雲もかかり、大雨となるでしょう。暴風による停電や交通機関の乱れ、大雨による低い土地の浸水や河川の増水、氾濫、土砂災害、高波に厳重な警戒が必要です。13日(日)の午後は東北でも大荒れの天気となるでしょう。。。。といった情報に、日本列島、戦々恐々。


10月12日(土曜日)
「不要・不急の外出は控えてください」との連絡もあり、この日のご予約は、お客様からの電話と、こちらからの電話で
すべてキャンセルに。
ですが、日中は思ったほどの強い風はなく、雨は時折強くなったり弱くなったりしながら降り続けました。
夜になると、次々に市内の色々な川の増水に伴う緊急速報・避難指示を知らせるサイレンが家族みんなの携帯電話を鳴らします。二階の窓から外を眺めるとどんどん水が溜まり、川と化していく店舗前の道路。
隣のマンションの駐車場に停めた車や、向かいの家の車が少しずつ浸水していきますが
どうすることもできません。
店舗兼住宅は道路より結構高くなっているので、まぁここまでは水は来ないだろうと思っていましたが
次第に店の駐車場が水で満たされてきました。



PA120692.jpg
10:50 店の入り口のドアを開けて見る敷地内駐車場の一部と前の道路です。
暗くてわかりにくいですが、道路は川に、駐車場は湖になってました。




PA120703.jpg
結構な深さになってます。ワインのコルクが浮かんでいます。




PA120705.jpg
ワインのコルクは、入り口脇の植木を切った後のスペースをカバーするのに使っていたものでした(^_^;)
それがすべて水に浮いて、広い範囲に散らばっています!!
気が付けば、家人の乗用車のタイヤ1/3ほどまで水が上がってきていました。(^_^;)



PA120708.jpg
この場所だと危険そうなので、少し高くなっている駐車場の奥の方に移動させました。




PA120710.jpg
移動完了、ギリギリセーフ!
時間は23:30 。この後、水の様子を見張っていてもどうしようもありません。あきらめて就寝しました。



10月13日(日曜日)
5時半頃に起きて階下を見回ったシェフが「店に少し水が上がっちゃった」と。


PA130718.jpg
フロアーにうっすら水が溜まっていました。



PA130721.jpg
トイレにも。



PA130722.jpg
トーゼン風除室も。風の台風を想定してここに避難させた花たち。



PA130713.jpg
ここが大量のワインコルクで切り株をカバーしていた場所。ここから水に浮いて流れ流れて、
それはそれは広範囲のな所まで流されて行っていました(笑



PA130717.jpg
店の入り口。右奥の角にコルクがひとつ。この線まで水が上がって店内に入ったということですね。




PA130715.jpg
駐車場の一番奥に停めたシェフの車の足元には、大型ゴミ箱とプランターと、先ほどのコルクが!!



PA130716.jpg
わざと逆さに倒しておいた案内板。この線まで水が来たのですね。



PA130719.jpg
店の奥のフロアーは、別の場所から水が染みて入ったようです。
この他、厨房には、排水から逆流したようです。厨房は水が流せる造りなのですぐに洗い流しました。




この後、とりあえずこの周辺としては、決壊も越水もしないでこらえてくれた夏井川の支流・新川の様子を見に行きました。




PA130723.jpg
新川の土手に向かって歩いて行くと、どこもかしこもこんな様子。
先に見える人だかりは、TUF(かな?)の取材版の方達だった模様。



PA130724.jpg
いつものMy散歩道でもある土手に上がると、驚きの景色!!
こんなタプタプの新川、今まで見たことない!!  今にも溢れそうです。



PA130729.jpg
川のアチラ側は、もしかすると越水したのかもしれません。



PA130731.jpg
水面が本当に近い!!



PA130736.jpg
セイタカアワダチソウを見ると、そこは昨日まで川ではなかったことがわかりますね。



PA130740.jpg
川面と土手が近すぎる!



PA130741.jpg
こんなに川幅が広がるんだ~。



PA130744.jpg
この構造物の、こんなところまで水があるのは初めて見ました。



PA130748.jpg
なんだか、すごく立派な川になったようにも見えます♪
川面の水鳥たちも、ビックリでしょうね!



PA130753.jpg
土手を離れて家へ戻ります。どこもかしこも泥だらけ。



PA130755.jpg
店に戻ってきました。植込みのレンガに、たぶん流れてきたコンビニの紙おしぼりが張り付いてます。
これもここまで水が上がったしるし。



PA160761.jpg
植え込みを覗くと、草たちは泥水にまみれて白くなって。





PA160766.jpg
よくよく見たら、木の根元に、コルクがたくさん! ! !



PA160764.jpg
ナント、この位置まで水が上がったのですね! ! ! !
水のすごさと恐ろしさを初めて知った様な気がします。


この後、この台風の被害を受けて平久保の浄水所が機能しなくなり10/13の午後から断水となりました。
当店のある南白土においては1/22まで水が出ず、その間は営業ができませんでしたが
10/24より営業を再開いたしました。


末筆ながら、この台風の被害を受けた方々に、心からお見舞申し上げます。
一日も早く、平穏な日常を取り戻せますように。
そして、当店のご心配をいただいた皆様、ありがとうございました。
雑巾を持って駆けつけてくれた方、たくさんの水を届けて下さった方々、
色々な情報を知らせてくれた方々、本当に多くの方々に助けていただきました。
心より感謝いたします。ありがとうございました。

































スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-10-26

No Subject * by hutatuyanosiki
こんにちは。
台風19号も酷かったですが、一昨日の雨も酷かったですね。
本当に被災された方に心よりお見舞い申し上げたいですね。
何でもかんでも即「地球温暖化」と結び付けるのはどうかとも思いますが、やはり太平洋の海水温が上がっており、台風が発生しやすくなっていることを考えると、地球温暖化の影響と考えるのは自然ですよね。
今後間違いなくこのような災害は増えるでしょうね。
そろそろ、人間は自分で自分の首を絞めていることに気がつかなければならないのでしょうね。
私も含めて・・・。
早く、皆さんが平穏な生活を取り戻せるようになるといいですね。

No Subject * by うたソム
Asanoさんへ  ほんと、「激しく降ってる感」は一昨日の雨の方が強かったように思います。でも雨はついつい自分の所の降り方や降った量で考えがちですが、それが判断ミスにつながったりするんでしょうね。

Asanoさんおっしゃる通り、「不便を承知で」ということに腹を括らなきゃいけない時に来ているんじゃないのかなぁと思います。

うたそむさんへ * by KEIZI
いわき市は、平窪、赤井、好間、小川町などの浸水被害は大きく取り上げられていましたが、うたソムさんのところもそんなに水が上がったんですね!e-447
比較的道路から高い位置に造られたうたソムさんの店の中まで水が入ったってことは、ご近所の家は床上まで浸水したんでしょうか?
本当に今回の台風19号は予想を超えた雨の被害が凄かったですね。
実際、浸水した場所を確認するとほぼ防災ハザードマップの通りの場所が被害に遭っているのが分かりました。
今後、家を建てる計画がある方は、そういう資料も確認しないとダメなんだなぁとつくづく思いました。
幸い私の家は浸水被害は免れましたが、土砂崩れが怖いので注意したいと思います。
私の身近にも床上浸水の被害に遭って大変な思いをしている方達が何人かいますが、今回被害に遭われた方々が一日も早く生活を取り戻されるようお祈りいたします。

No Subject * by 山楽番
自然災害とはいえお疲れ様でした。
休業中に遊びに行けるわけでもなくですよね。
14日の帰り道・・・相馬から福島に抜けられず、南相馬に戻ってなんとか福島へでした。
こういった記録ってなかなか残せないですから貴重ですよ。

No Subject * by うたソム
KEIZI さんへ 皆さん「シェフの所は大丈夫だと思ってた」とおっしゃってました。
私達も初めてのことで驚きました。
でも、何よりも1階(店舗・厨房)は土足の領域でしたので住まいスペースが被災した方のような大変さはなかったかもしれません。
それから新川の川向こうの方が大変だったようにも感じましたし、こちら側でも新川から離れた場所の方が被害が大きかったようにも感じました。
本当に被災された皆さんが一日も早く普通の生活に戻れることを祈っています。

No Subject * by うたソム
山楽番さんへ 14日の帰り道、大変だったのですね。お疲れ様でした。
はい。また大型台風や異常な豪雨の時にはこの記録を見て戒めにします!

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

こんにちは。
台風19号も酷かったですが、一昨日の雨も酷かったですね。
本当に被災された方に心よりお見舞い申し上げたいですね。
何でもかんでも即「地球温暖化」と結び付けるのはどうかとも思いますが、やはり太平洋の海水温が上がっており、台風が発生しやすくなっていることを考えると、地球温暖化の影響と考えるのは自然ですよね。
今後間違いなくこのような災害は増えるでしょうね。
そろそろ、人間は自分で自分の首を絞めていることに気がつかなければならないのでしょうね。
私も含めて・・・。
早く、皆さんが平穏な生活を取り戻せるようになるといいですね。
2019-10-27-16:30 * hutatuyanosiki [ 編集 * 投稿 ]

うたソム No Subject

Asanoさんへ  ほんと、「激しく降ってる感」は一昨日の雨の方が強かったように思います。でも雨はついつい自分の所の降り方や降った量で考えがちですが、それが判断ミスにつながったりするんでしょうね。

Asanoさんおっしゃる通り、「不便を承知で」ということに腹を括らなきゃいけない時に来ているんじゃないのかなぁと思います。
2019-10-27-18:09 * うたソム [ 編集 * 投稿 ]

うたそむさんへ

いわき市は、平窪、赤井、好間、小川町などの浸水被害は大きく取り上げられていましたが、うたソムさんのところもそんなに水が上がったんですね!e-447
比較的道路から高い位置に造られたうたソムさんの店の中まで水が入ったってことは、ご近所の家は床上まで浸水したんでしょうか?
本当に今回の台風19号は予想を超えた雨の被害が凄かったですね。
実際、浸水した場所を確認するとほぼ防災ハザードマップの通りの場所が被害に遭っているのが分かりました。
今後、家を建てる計画がある方は、そういう資料も確認しないとダメなんだなぁとつくづく思いました。
幸い私の家は浸水被害は免れましたが、土砂崩れが怖いので注意したいと思います。
私の身近にも床上浸水の被害に遭って大変な思いをしている方達が何人かいますが、今回被害に遭われた方々が一日も早く生活を取り戻されるようお祈りいたします。
2019-10-30-09:27 * KEIZI [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

自然災害とはいえお疲れ様でした。
休業中に遊びに行けるわけでもなくですよね。
14日の帰り道・・・相馬から福島に抜けられず、南相馬に戻ってなんとか福島へでした。
こういった記録ってなかなか残せないですから貴重ですよ。
2019-10-31-13:10 * 山楽番 [ 編集 * 投稿 ]

うたソム No Subject

KEIZI さんへ 皆さん「シェフの所は大丈夫だと思ってた」とおっしゃってました。
私達も初めてのことで驚きました。
でも、何よりも1階(店舗・厨房)は土足の領域でしたので住まいスペースが被災した方のような大変さはなかったかもしれません。
それから新川の川向こうの方が大変だったようにも感じましたし、こちら側でも新川から離れた場所の方が被害が大きかったようにも感じました。
本当に被災された皆さんが一日も早く普通の生活に戻れることを祈っています。
2019-11-02-16:44 * うたソム [ 編集 * 投稿 ]

うたソム No Subject

山楽番さんへ 14日の帰り道、大変だったのですね。お疲れ様でした。
はい。また大型台風や異常な豪雨の時にはこの記録を見て戒めにします!
2019-11-02-16:50 * うたソム [ 編集 * 投稿 ]