シェフとマダムの雑記

山歩きが好きなフレンチレストラン夫婦のあれやこれ

Top Page › 山のこと › 錦秋の安達太良山へ。
2016-10-20 (Thu) 21:53

錦秋の安達太良山へ。



雨降りが多くて憂鬱だった9月が終わり、
10月は気持ちのいい秋晴れの日も多くなってきました。
紅葉の便りもあちこちから届き、山に行きたいウズウズ虫が騒ぐ日々。

が、なぜか晴れマークが続いた後、月・火が雨マーク
17日(月)は、ブログを通じて交流させていただくようになったsnowbridgeご夫妻に
地元の山でクライミングの手ほどきを頂く予定でワクドキだったのに雨で中止


(snowbridgeさん、fennelさん、またよろしくお願いしますね!)
せめて18日の天気予報、
に変わって~~!!と祈っていたら雨マークが消えた

で、行ってまいりました、安達太良山♪
色々な情報を取りまとめると、なかなかいいタイミングのよう♪
でも、中津川渓谷から中吾妻山の中腹(裾野?)にある吾妻山神社ピストン・・・なんて
いかにも静かそうな歩きはどう?とか、
安達太良でも、塩沢~僧悟台~鉄山~くろがね小屋~塩沢のぐるっぺはどう?とか
いくつか案も出たのですが、
奧岳登山口から五葉松平を経て安達太良山のルートって雪期に下ってばかりで
登ったことがないから、そちらから登ってくろがね小屋経由で下るのはどう?
天気次第で鉄山あたりまで行ってもいいし♪・・・というところに落ち着きました。

天気予報はまたまた変わって
、朝に雨が残るも昼頃から晴れそうとのこと。
その
の部分を信じて、5時半に家を出発♪ 





8.07 あだたら高原スキー場のゲレンデから歩き始めます。味気ないですが
高速ではずっとガスガスでしたが、ここに来たらこの青空♪ モッテルカナ~
紅葉ピーク時期なので臨時駐車場までありましたが、平日に付きそれほどでもなく。





見上げるリフトトップのあたりは、いい色に色づいてます♪
期待は膨らむぞ~




ゲレンデの端っこもいい感じに紅葉してます
この斜面、雪期に下るときには、尻セードできるほどは斜度がないのに
こうして登るとなると結構な斜面です
 
しかも日差しが強く、暑く、汗だくでゼイゼイ、ハァハァ。
寒さ対策はしてきたけど、暑さ対策はしてこなかったわぁ~




登山道に入ると、青空に黄葉が映えます♪ デモ、アツイデス。




実にいい感じの、上部の紅葉も見えてきます♪
が、登山道は結構な登りが昨日の雨でヌルヌルと滑り気が抜けません。
スパッツしてこなかったので、ズボンの裾はドロだらけ





9.07 ちょうど1時間で五葉松平に♪
このときは、山頂の乳首がチラリ見えていました




9.25 薬師岳に♪ ロープウェー山頂駅地点です。
やっぱりタイミングはぴったりだったかも~






私の視線の先には、ロープウェーを降りた
いわゆる町での恰好をして、普通の靴を履いた方たちがたくさん♪
この素晴らしい紅葉のパノラマを見に、たくさんの人たちが来るんですね~♪
雲は多いけれど、山頂の乳首まではっきり見えてます♪




そう、このときまでは。




薬師岳から20分ほど進むと、大勢の人たちが休憩中。
写真は人の多さと正面の紅葉を撮ったのだけれど、
右端にブログ友のむぅさんとそのお友達のクアトロさんがたまたま写っていた
この後お互いに気づくことになるのですが、話せば長い前バナシがあったので(省略)
ここでのバッタリはビックリポンでした
しばしの立ち話のあと、我々は「お先に~♪」と歩を進めます。
楽しい出会いでしたか、この辺から空が白く。。。。。





登山道がゆるく回り込み、中ほどに薬師岳とロープウェーの構造物が見えます♪
背後は二本松の町でしょうか。




薬師岳から左のトンガリ・篭山へのパノラマ♪ (大きくなります)
山頂へのアクセスはほとんどが峰の辻から、あとは鉄山方面からだったので
コチラから山頂に到達するのは初めて。 これはこれでなかなか新鮮デス♪




ひとつ上の写真のあとは、スクリーンのようになってしまった景色の中を
「うーん、昼に近づくほど晴れる予定なんだが・・・」と思いながら歩いてきました。
歩き始めの青空は何だったの??!という、山頂との出会いの予感




10.37 もう笑うしかないって感じの山頂写真ですな

おっかしいな~。これから晴れるのかなぁ~。
でもせっかくここまで来たし、団体さんが乳首からごっそり下りてきたので
山頂は込んでなさそう。フッとガスが切れるかもしれないし
行きましょう




ところが、ポーチの中でカメラのダイヤルを動かしてしまったのか、
モノクロモードになっているのに気づかず撮影しちゃいました
山頂の岩稜(通称・乳首)に登るシェフ。




でも、なかなかこういうのもイイかも
(この後カメラをシェフに渡して撮ってもらおうとしたら「黒い」と言われ気づいた
)
っていうか、真っ白です。360度、何ひとつ見えません。
あまたつ~~~っっ!! 天気予報、どうなってるの~~
 ヤツアタリデス






乳首から下りたら、先ほどのむぅさんたちが到着していました。
で、記念写真♪ そしてまたここでサヨナラしました♪
むぅさん、写真ありがとう~♪
クアトロさん、腰、大事にしてくださいね~♪
あともう一人の〇〇さん、受け身が素晴らしかったデス♪ ホントニ!!



この後、天気と体力次第で鉄山避難小屋辺りまで行ってみようかと思っていましたが
とにかく真っ白で何も見えないので、とりあえず牛の背を歩いて馬の背の分岐まで。
状況変わらないので、峰の辻を経てくろがね小屋に向かうことにしました。
ここの定番の風もなかなか強いので






ここから小屋までの間、鉄山の斜面に広がる紅葉が楽しみデス





肉眼では結構いい感じの紅葉景色なのですが、すっかり曇って光量不足のせいか
どうも写真がパッとしませんね~




そこで、MYコンデジのいくつかの調整キーをいじくって
ホワイトバランスの「曇天」というのを発見し、それでトライ。 イチカバチカノカケデス
少し明るくなった気がするけど、それがいいのか悪いのかはワカラン




登山道わきの赤(何だろ? ツツジ系?)もスゴイ




ここは振り子沢かな?? 
雪期のホワイトアウトの中、小屋から山頂に向かうとき、
左手のこの沢に落ちないように気をつけろよ、と
小屋の伊藤さんに言われたっけな。




篭山と、真っ赤なヤマツツジ(カナ?)♪





ホシガラス、初めて撮れた
 タマタマネ




いやぁ~、すごい紅葉だなぁ~~~




鉄山の東斜面、近すぎで収まらない感じです
ランチ休憩の場所を探し探し歩いていましたが、
景色が良くて登山道じゃなくて風が凌げる場所がなかなか見つからない
しかも、この後ポツポツと雨が
 
もう、小屋まで行くことに決めて、速足に進みます。




そんな中、右手の篭山も錦の着物を着ています




そして錦の振袖を自慢げに広げていますね~




12.13 くろがね小屋の屋根が見えてきました。
予想した通り、小屋周りの木々もすごいことになってました




右に篭山の紅葉、左に鉄山の紅葉(^^♪




篭山側の紅葉と・・・・




鉄山側の紅葉は、チョット趣が違いますね
微妙に植生が違うんでしようね~






自然が作るゲイジュツ、すごいなぁ~
この後、小屋に入ってひと休み&ランチタイム。12.20~13.10
ゆっくりさせてもらって、
「雪が降ったらまた来ますね~♪」と佐藤さんたちにご挨拶して小屋を後に。




下ります。いつもとは逆に。
ということはこの帰路、振り返ると紅葉に包まれた小屋の絶景が見られるはず






予想通り、ここから振り返っての景色がすごかったんです





シャクナゲの青々とした葉の向こうに錦秋♪





見知らぬカノジョ、モデルありがとうございます♪




いつものルートで来たら、間違いなく歓声が上がるポイントですね




似たようなものですが、ごかんべんを




鉄山側。かぼちゃ色。ほっこりします





鉄のように硬く冷たい無機質な、鉄山という名の岩山の衣装は
金糸銀糸で豪勢に、そして緻密に織り上げられた
それはそれは温かな色合いの豪華な衣装でした。ナンチャッテ




もうすぐ、真っ白に塗り替えられる前の花火みたいだね。




本当に美しい山景色を見せてもらいました。
この白い空の部分が青空だったら全然違うのに・・・・と思ってしまいますが
欲張りはいけませんね。十分楽しませてもらいました♪
ありがとう、安達太良山。また来ます




今週末はまだまだ見頃ではないでしょうか♪
ぜひぜひ、ココロの中まで、カラダの芯まで、ほっこりしにお出かけくださいませ♪




おわり。































スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-09

No title * by nadeshikokobuta
うたソムさんは詩人ですね。
いつも表現の素晴らしさに感心しちゃってます🎵

安達太良かぁ…紅葉時に行ったのは何年前か…やっぱりガスガスと風でゴンドラも止まって。
鉄山から箕輪の紅葉も見たいと思っているのですが。

No title * by cor*onj*fs
> nadeshikokobutaさん いやいや、ただの凡人であります
ガスと風で・・・夏や秋には、ふとこの「安達太良は風の山」ということを忘れちゃうのですが、やっぱりよほどご機嫌がいいとき以外は風の山なんでしょうね~。
懲りずにまたお出かけくださいね~♪

No title * by 山楽番
この季節はみんな安達太良なんだろうな~。
天気予報はきっと女心と秋の空ってとこじゃないですか?(笑)
なんか今年の紅葉は黄色が多くて赤が少ないようなきがします。
まっかなツツジやドウタンがもう少し頑張ってくれると
もっと華やかになるんでしょうけどねぇ。

No title * by 山楽番
そうそう、むうさんやクワトロさんとお会いできたんですね~。楽しそう!!!
特にクワトロさんのブログは震災から進まなかったので
どうしたんだろうと思ってました。

No title * by cor*onj*fs
> 山楽番さん 安達太良の紅葉を知っている人ほど、ここなら間違いない!っていうのもあるかも♪
天気予報にこんなに敏感なのは、きっと山ノボラーだけですよね
過敏症とも言えると思います(笑
このくろがね小屋の上の鉄山斜面は、いつも赤が現れるのが遅いような気がします。この後もっと赤が出てくるんじゃないかなぁ~♪

そうそう!! むぅさんとは朝日の竜門小屋でご一緒しましたが、クワトロさんとは初対面でした♪
しばらく椎間板ヘルニアに悩まされていたそうで、久々の山だとおっしゃってましたよ。
早く完治するといいですね。

No title * by 楽山紀行
うたソムさんも安達太良でしたか。右ならい左は私一人だったようですね。(笑)
安達太良の紅葉はやはり王道ですね。陽が差しても、陰っても、『どうだ!』と言わんばかりに、その美しさを見せてくれます。

No title * by cor*onj*fs
> YMOのYさん ほんと、おっしゃる通り、安達太良山は陽が差しても、陰っても、『どうだ!』と胸を張ってきますね(笑♪
もう少ししたら、オールスターズの皆さんの、フタツヤレポの嵐がやって来ることでしょうネ♪
楽しみです♪

No title * by hutatuyanosiki
こんばんは!
青空の下の紅葉もいいですけど、曇天の下の紅葉もこれはこれでいいですね。
カボチャ色の黄葉が鮮やかですね。
そして、五葉松平からの赤がまたお見事ですね!
そうそう、来年もくろがね小屋で新年会やりたいですね!
また、ガツンとやりましょう!

No title * by cor*onj*fs
> hutatuyanosikiさん 峰の辻から下は、空が真っ白というだけで、紅葉が隠れてしまうようなガス(霧)ではなかったことだけが救いでしょうか。デモハレガイイヨ~
でも以前、晴れすぎて日差し強すぎて紅葉の色が飛んじゃうこともあったので、欲を言えばキリないですかネ
来年のクロガネーゼの新年会・・・今年懲りたから平日にしましょうねっ♪

No title * by snowbridge
うたソムさんに触発されて、23日に行って来ました。
紅葉と晴れを狙ったのですが、今二でした。
塩沢登山口~くろがね~鉄山~僧悟台~塩沢登山口の周回でした。
鉄山から僧悟台コースは紅葉時期はお勧めできませんね。箕輪山南面は全く紅葉の植生ではありませんでした。

No title * by cor*onj*fs
> snowbridgeさん 知人がやはり23日に西吾妻に行ったのですが、一日雨模様だったと聞きました。
きっと安達太良も似たようなお天気だったのでしょう
紅葉もお日様ほしいですものね~。
いわきの紅葉を待ちますか♪♪

No title * by うらちゃん
10月3連休の最終日10日に、五葉松平からのコースをうたソムさんと同じくたどり、途中、勢至平へ抜けました。この日も天気予報は☀のはずだったのに、曇天で、イマイチのお天気だったにもかかわらず、薬師岳からの人だかりの渋滞に巻き込まれ「なんだかなぁ~。」というかんじでした。もっとも、3連休の最終日でしたから
仕方ないか~。

安達太良山の紅葉は、文句なしに、見事です。
ある意味、簡単にこれだけの紅葉が楽しめるのは、安達太良山からの恩恵でしょうか。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

うたソムさんは詩人ですね。
いつも表現の素晴らしさに感心しちゃってます🎵

安達太良かぁ…紅葉時に行ったのは何年前か…やっぱりガスガスと風でゴンドラも止まって。
鉄山から箕輪の紅葉も見たいと思っているのですが。
2016-10-21-06:29 * nadeshikokobuta [ 編集 * 投稿 ]

No title

> nadeshikokobutaさん いやいや、ただの凡人であります
ガスと風で・・・夏や秋には、ふとこの「安達太良は風の山」ということを忘れちゃうのですが、やっぱりよほどご機嫌がいいとき以外は風の山なんでしょうね~。
懲りずにまたお出かけくださいね~♪
2016-10-21-13:09 * cor*onj*fs [ 編集 * 投稿 ]

No title

この季節はみんな安達太良なんだろうな~。
天気予報はきっと女心と秋の空ってとこじゃないですか?(笑)
なんか今年の紅葉は黄色が多くて赤が少ないようなきがします。
まっかなツツジやドウタンがもう少し頑張ってくれると
もっと華やかになるんでしょうけどねぇ。
2016-10-21-13:18 * 山楽番 [ 編集 * 投稿 ]

No title

そうそう、むうさんやクワトロさんとお会いできたんですね~。楽しそう!!!
特にクワトロさんのブログは震災から進まなかったので
どうしたんだろうと思ってました。
2016-10-21-13:26 * 山楽番 [ 編集 * 投稿 ]

No title

> 山楽番さん 安達太良の紅葉を知っている人ほど、ここなら間違いない!っていうのもあるかも♪
天気予報にこんなに敏感なのは、きっと山ノボラーだけですよね
過敏症とも言えると思います(笑
このくろがね小屋の上の鉄山斜面は、いつも赤が現れるのが遅いような気がします。この後もっと赤が出てくるんじゃないかなぁ~♪

そうそう!! むぅさんとは朝日の竜門小屋でご一緒しましたが、クワトロさんとは初対面でした♪
しばらく椎間板ヘルニアに悩まされていたそうで、久々の山だとおっしゃってましたよ。
早く完治するといいですね。
2016-10-21-20:27 * cor*onj*fs [ 編集 * 投稿 ]

No title

うたソムさんも安達太良でしたか。右ならい左は私一人だったようですね。(笑)
安達太良の紅葉はやはり王道ですね。陽が差しても、陰っても、『どうだ!』と言わんばかりに、その美しさを見せてくれます。
2016-10-21-21:04 * 楽山紀行 [ 編集 * 投稿 ]

No title

> YMOのYさん ほんと、おっしゃる通り、安達太良山は陽が差しても、陰っても、『どうだ!』と胸を張ってきますね(笑♪
もう少ししたら、オールスターズの皆さんの、フタツヤレポの嵐がやって来ることでしょうネ♪
楽しみです♪
2016-10-21-21:12 * cor*onj*fs [ 編集 * 投稿 ]

No title

こんばんは!
青空の下の紅葉もいいですけど、曇天の下の紅葉もこれはこれでいいですね。
カボチャ色の黄葉が鮮やかですね。
そして、五葉松平からの赤がまたお見事ですね!
そうそう、来年もくろがね小屋で新年会やりたいですね!
また、ガツンとやりましょう!
2016-10-22-19:15 * hutatuyanosiki [ 編集 * 投稿 ]

No title

> hutatuyanosikiさん 峰の辻から下は、空が真っ白というだけで、紅葉が隠れてしまうようなガス(霧)ではなかったことだけが救いでしょうか。デモハレガイイヨ~
でも以前、晴れすぎて日差し強すぎて紅葉の色が飛んじゃうこともあったので、欲を言えばキリないですかネ
来年のクロガネーゼの新年会・・・今年懲りたから平日にしましょうねっ♪
2016-10-22-20:56 * cor*onj*fs [ 編集 * 投稿 ]

No title

うたソムさんに触発されて、23日に行って来ました。
紅葉と晴れを狙ったのですが、今二でした。
塩沢登山口~くろがね~鉄山~僧悟台~塩沢登山口の周回でした。
鉄山から僧悟台コースは紅葉時期はお勧めできませんね。箕輪山南面は全く紅葉の植生ではありませんでした。
2016-10-24-08:36 * snowbridge [ 編集 * 投稿 ]

No title

> snowbridgeさん 知人がやはり23日に西吾妻に行ったのですが、一日雨模様だったと聞きました。
きっと安達太良も似たようなお天気だったのでしょう
紅葉もお日様ほしいですものね~。
いわきの紅葉を待ちますか♪♪
2016-10-26-12:39 * cor*onj*fs [ 編集 * 投稿 ]

No title

10月3連休の最終日10日に、五葉松平からのコースをうたソムさんと同じくたどり、途中、勢至平へ抜けました。この日も天気予報は☀のはずだったのに、曇天で、イマイチのお天気だったにもかかわらず、薬師岳からの人だかりの渋滞に巻き込まれ「なんだかなぁ~。」というかんじでした。もっとも、3連休の最終日でしたから
仕方ないか~。

安達太良山の紅葉は、文句なしに、見事です。
ある意味、簡単にこれだけの紅葉が楽しめるのは、安達太良山からの恩恵でしょうか。
2016-10-26-20:17 * うらちゃん [ 編集 * 投稿 ]