シェフとマダムの雑記

山歩きが好きなフレンチレストラン夫婦のあれやこれ

Top Page › Archive - 2015年08月
2015-08-27 (Thu)

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。最終回

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。最終回

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その6  の続きです。<4日目のつづき>サイコーの眺めの独標を後にして、一路、野呂川越(両俣小屋へ下る分岐点)を目指します。まぁ、道はこんな感じ 空模様がイマイチになってきた??写真だけ見たら、「遭難?」「道迷った?」とか思われそうだってここは、仙塩尾根だもん  11時に横川岳を通過し、11.25、野呂川越に到着!!2.315mかぁ。ずいぶん下りてきちゃったな。チョットダケサミ...

… 続きを読む

No title * by うらちゃん
挑戦して成し得なかったことは失敗とは言わない>まさに、そのとおりだと思います
どんな山旅でさえ、心に残る想い出です。
山を下りると決めたお二人のハレバレとした気持ちがわかりますよ~。

No title * by 山楽番
撤退の理由が怪我、事故、病気でなくて安心しました。
ロングコースをテン泊で計画できるんだからすごいと思います。うち等も定年になったらと考えてますけど、札束持っても小屋泊まりが精いっぱいと思ってます。

う~ん、下りてきてからの「もう少し頑張れたのに、もう少しで行けたのに」と心の中でもう一人の自分が囁くんですよね。すぐ行ける山ではないのでモヤモヤ病も重傷になっちゃいます。
リベンジは年齢的に早くやりたいと思ってしまうんです。(これはうち等です)

No title * by tho*a*3no*ama
なるほど~、最初の悪天候が伏線だったんですね。
撤退は残念ですが、リベンジしたいという気持ちがあれば大丈夫ですよ。
きっといつかリベンジできますよ。

いつも登山中は雨かガス、下山後は好天の私は、山の神様に精神的に鍛えられてます。(^_^;)

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< おっしゃる通り、どんな山旅も心に残る想い出ですよね。
しかし、両俣小屋から二度目の敗退とは、何か縁があるのかなぁ??
そして敗退する時って、何故か天気がいい

No title * by cor*onj*fs
山楽番さん<< 変に引っ張ってご心配おかけしました
札束たんまりあったら、ワタシはあっさりそっちに行きますわ♪笑

あれ? 我々もリベンジを早くやりたいのは、年取ったせいか~♪

No title * by cor*onj*fs
とーますさん<< とーますさんも、筋金入りのガス男さんですものね~

予報は晴れマーク続きでしたが、夏が最後の暑さをふり絞っていた頃で、高地は雷が発生しやすい、不安定な状況が続いていたみたいです。
あまり実感はしてなかったけど、それが伏線としては確かにあったような気もしてます。

リベンジ? しますとも!!
塩見~三峰~農鳥、それからテカリ!
うーん、ルート取りが・・・・・

No title * by nadeshikokobuta
ここまで重いザックで歩いた事は凄いことだと思います!
私達には成しえないことですし。

札束はないのでコツコツと貯めたとしても
とてもとても歩けそうにないです。

前回のレポで電話が通じなくての撤退かと想像してました。お二人はいつでもリベンジできますよね…いや
新たな挑戦も試みるのでは

お疲れ様でした(^O^)

No title * by cor*onj*fs
nadeshikokoさん<< 今回は眺めの行程だったので、義母に行程表を提出していきまして、
出がけに来た首も念押し確認されたので、余計に連絡取れないのはまずいな~と思いまして
予備日を持って伝えるべきだったと反省してます。
リベンジ、もう、どこからどう攻めようか検討中ですよ~

No title * by hutatuyanosiki
こんばんは!
ここは南アルプスの深い森や大自然に触れられただけで
満足してもいいのではないでしょうか。
そう考えればきっと気持ちが楽になりますよ。
塩見岳や農鳥岳、私も未踏の山なのでいつか行ってみたいです。
やっぱり定年後かな~(笑
因みに私はまだリベンジ焦っていません(汗(^^ゞ

No title * by cor*onj*fs
hutatuyanosikiさん<< そうですよね♪
きっと皆さんも、絶対ダメじゃないけど、今回はもうここまででいいや・・・って敗退することありますもんね。

因みに私はまだリベンジ焦っていません→ そりゃAsanoさんはまだまだ若いもの~♪
私らリベンジもしたいわ、馬蹄形縦走もしたいわ、悪天候であきらめた平ケ岳も行きたいわ、ダイクラも今のうちに行っておかなきゃだわ、大朝日から竜門もつなげたいわ・・・
ま、それは皆さん同じでしょうけどね

Comment-close▲

2015-08-27 (Thu)

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その6

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その6

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その5   の続きです。<4日目>大仙丈ケ岳~少し下ったビバーク地で目覚めた朝。夕食後に飲んでおいたロキソニンが効いてか、ぐっすり眠れた。。ただ、昨日テント設営中にまたまた顔をブヨに刺されたせいで、右目が開きにくい3時過ぎに、ソロの登山者がテントの脇を通り過ぎて行った。そう、仙丈から仙塩尾根をゆこうと思ったら、やっぱりそんな時間になるんだろう...

… 続きを読む

No title * by うらちゃん
なんてナイスなビバーク個所だったのでしょうか 野性の知恵とでもいうのでしょうか そして、4日目にしての青い空と広がる
山の稜線。感動ですね

No title * by 山楽番
天気がいいと気分もいいし、足も軽くなるし、
登り返しなんかヘッチャラになってしまうから不思議です。

ところで、シェフの少食にびっくりですよ。
カップ麺とα1/3で間に合うとは!!!

こんなに天気がいいとこれからの撤退までの足取りが
どのようになるのかドキドキです。

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< 結局、翌日歩き始めてみても、しばらくの間は適当なビバーク地はなかなか現れなくて、
「あそこに決めて正解だったね~!」と♪
やっぱり、山の楽しみは何と言っても山景色ですものね♪
やっと会えましたよ~♪

No title * by cor*onj*fs
山楽番さん<< ホント、あの、青空と景色が見えた瞬間、グングン愛が進むのは、いったいどいうことなんでしようね~

シェフはね~、今はあんまり食べないんですよ♪
家にいても、ご飯の量とか、私と大して変わらない。
なかなか効率いいですよね~♪

No title * by nadeshikokobuta
シビレル景色!!まさに!!
惚れ惚れしちゃう~~
太陽の刃を背にしたようなシェフもシャシンニアイヲカンジマス
それにしても塩見岳、、、遠いわぁ~~~!!


この時期でもブヨがいるんですね
片目が不自由な時は気を付けないと…

No title * by cor*onj*fs
nadeshikokoさん<< 「太陽の刃」って、なんかカッコイイ表現ですね~♪
塩見は・・・遠いですわ~
でも、何故か惹かれる~

ブヨなんてヤツのことはすっかり忘れてましたよ~!!
こんな時期に掟破りだ!!

Comment-close▲

2015-08-20 (Thu)

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その5

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その5

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その4  の続きです。<3日目のつづき>仙丈ケ岳を越えて仙塩尾根に入った途端、パタリと人がいなくなった。そうか、わざわざ大仙丈ケ岳だけに来る人はそうはいないのね。ガスガスなのは変わらないのに、人気がなくなるとなんとなく不穏な感じでも、意外なことに、ここからはお花たちのプロムナードでしたイワベンケイかな♪イタドリ?  オンタデ??  どちらかは??富士山で...

… 続きを読む

No title * by 山楽番
大仙丈カールすごいね~
あの尾根を歩いてきたんですね~よく頑張ったね~。

山頂のおちゃめ?な道標??
両俣小屋が右から書かれているってこと??
感性低いオラにはわかりません。

シェフの体格から3人用テント正解ですよね。
うちらは同じモンベル1~2人用。っていうかソロ用。
ザックや靴はシェルトに包んで外に出してます。

No title * by くっきー
またまた南ア縦走チャレンジだったのですねー!
素敵ですーーーー!

仙塩尾根入るとほんっとに人が激減しますよね。
その分山の大きさを感じられてきもちいいですが。
仙丈小屋泊まれないときついですよね。
ビバーク地、わたしたちもハイマツの海を越えて
休憩したとこかなぁ。
このルートって歩く人が少ないからか、ハイマツが力強い気がします。
ワタシ、ここでタイツひっかけて破けました。。。

No title * by cor*onj*fs
山楽番さん<<< あれだけ歩いてから大仙丈カールに気づくって、トロ過ぎですよね~
でもとにかく真っ白で幻想的でした♪
お茶目な道標は、おっしゃる通りです♪
両方向の文字か゛中央から書かれているってなかなかないですよね♪

そうなんです。デカイから仕方ないですよね~。
背負ってもらいましょう!!!

No title * by cor*onj*fs
くっきーさん<< お久です!! 育児、頑張ってますか!♪
もう、この旅の前に、クッキーさんのレポ見まくって、辛さを封印して、絶景をインプットしまくりましたよ~♪

おっしゃる通り、この日は仙塩尾根では、一人も会いませんでした。
まぁ、仙塩尾根の長さと水場、小屋の位置を考えたら、ヒトが動く時間・場所は限られてきますものね~。
でも、くっきーさんのレポで、絶対何箇所かはビバーク適地がある!!と信じて進みました♪
タイツ破いたのも読んだので、シェフと「くっきーさん、タイツ破いたのどこかなぁ?」なんて話ながら歩きましたよ~♪

No title * by 楽山紀行
いよいよお決まりのM登山の始まり始まり~ですね。
この状況を真っ白で幻想的と感じるうたソムさんも、やはり筋金入りのMですね。私なんか臆病者ですから『遭難』の二文字が頭をよぎります。
続きは、いよいよドキドキ、ハラハラのレポですか?

No title * by うらちゃん
いやぁ~仙塩尾根とは、屹立した細尾根なのですね。恐怖が半減できたのもガスガスのおかげでしょうか。細尾根を歩くシェフのザックが、やけに大きく見え 写真をみてるワタシの方がおそろし~

お茶目な道標> 仙丈ヶ岳が「缶」になってるところ この地に及んでもまだまだ余裕があるうたソムさんですね

No title * by cor*onj*fs
YMOのYさん<< 景色としては幻想的。だけど渡るのは必死ですよ~
ワタシ、こういう所は自分が渡る足元しか見ないことにしているんです♪笑
でも「ここって、飯豊の剣ヶ峰並み、イヤそれい以上かも??」とは思いました。
でもハラハラドキドキはここだけでした~♪ご安心を♪

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< 仙塩尾根とは、屹立した細尾根→いえいえ、こんな箇所はここぐらいです。(未踏の部分はわかりませんが)それよりも自然そのまんまの荒くれ道・・ってイメージでしょうか?

仙丈ヶ岳が「缶」になってるところ→ あ!ホントだ~!! 気づかなかったです~!! 大爆笑♪

No title * by hutatuyanosiki
こんばんは!
ここまで、食い入る様にレポ拝見してます。
あれ?それにしても(その2)盆休前じゃなかったっけ?
って、妙な錯覚を覚えています(笑
それにしてもハードすぎる計画、札束に頼ってしまった軟弱者には「ありえへん!」って感じです(笑
続編が楽しみ~!
ん~引っ張るな~(笑

No title * by cor*onj*fs
hutatuyanosikiさん〈〈 引っ張ってるんじゃないんですよ~。
敗退に後悔や未練があって、テンション上がらないんです
たった今、2人でワイン飲みながら、「ワタシ、やっぱり行けばよかったな~と思ってる」「うん、俺も後悔してる」というか会話をしたトコロ。
初めての、後味スッキリしない敗退だったものですから、ご容赦下さいませ~
明日、できるかな~?!

Comment-close▲

2015-08-16 (Sun)

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その4

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その4

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その3  の続きです♪<3日目>長衛小屋・テン場2泊目の朝。 3時起床。雨は止んでくれた様子。でも、トーゼンテントはぐっしょりまぁいずれ朝早く発つのであれば、朝露で濡れているわけだけれど、あれだけ雨が降るとすべて濡れ濡れ オモイヨ~、シェフガダケドネ~ 4.35 ついさっきまでまっ暗な感じだったけど なんとなく明るくなってきた。今日は出発時間が早いので、朝食は少し...

… 続きを読む

No title * by うらちゃん
いや~。小仙丈ヶ岳、仙丈ヶ岳からの絶景が見れなかったことが残念。でも、うたソムさんが可愛らしい 重いザックにもめげず頑張りましたね。

で、この先どこでビバークし、どうなるのでしょうか
ワタシのモヤモヤが晴れません。

No title * by 山楽番
重いザックでのんびりもいいんじゃないですか(笑)
ただ黙々と亀の足を進める。う~ん絵になりますよ。
雨にも当たらず、ガスで日あぶりにもされなかったのは重荷によかったのでは。

α米の容器は便利ですよ。
うち等は出発にお湯入れてザック内で調理、休憩で食べる。そしてあき缶やキムチなどの匂い物はこれに入れて下山です。チキンラーメンを作るってのはほんといいアイデァです。使わせてもらいます。

さてさて、この後はどうなるのか・・・楽しみです。

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< そうなんですよ~。
ガッツリ晴れマークだったのにこの天気
ニコニコ稜線歩きと思ってたのに~
でも、ビバークの前に、なかなかさっくり登らせてくれない大仙丈ケ岳というヤツがいたんです

No title * by cor*onj*fs
山楽番さん<< 確かに、重ザックにガンガン太陽は、それはそれでキツかったかも

当方も今回は、ガスを使わないように、寝る前にα米に水入れて、朝食べるようにしたりもしてました。
あと、どこかのHPに教えていただいたゴミをガサバらないように、匂わないようにするスゴ技も駆使しましたよ~♪
α米の容器にごみを詰めるのもナイスアイディアですね~♪

No title * by nadeshikokobuta
「アラ~♪ かっこいい~♪」…分かりますよ^^
だって、渋くてガタイがいいし大きなザックを背負ってたら頼もしく惚れ惚れしちゃうと思いますモン

カッパを着ないで歩けてよかった、、これから
るのか。。。

最初の?サンゴのようなものは地衣植物(シダやコケ)…
種類が一杯で似たようなものがヤマヒコノリ、ミヤマハナゴケみたいですが(^^ゞ

リンドウはトウヤクリンドウ
??①はミヤマシオガマ
??②はミヤマナナカマド

お昼の写真見てたらお茶碗持参ですか?

No title * by cor*onj*fs
nadeshikokoさん<< あんまりほめると鼻の下のばしますよ~

色々ありがとうございます♪
その地衣類、たっくさんあったんですよ~。
リンドウは相方が「ほぉら、俺が言ったとおりだろ♪」といってます♪
シオガマもナナカマドも「ミヤマ」が付くんですね~!
ガッテンガッテン♪

Comment-close▲

2015-08-13 (Thu)

恵みの雨♪

恵みの雨♪

暑いのは仕方ないとしても、とにかく雨が降らない日が続き過ぎ、ウチの高久の畑の野菜たちも、もうアップアップ状態全ての野菜は大きくなれないし、ナスなんて、大きくなれない上に、枝にぶら下がりながらシワシワに大地とつながっているのに、冷蔵庫に1週間以上放置したナスみたいそして昨日の午後2時半頃、雨粒が落ちてきたここのところずっとだまされ続けてきた、パラパラ・・・で終わる雨ではなくけっこうしっかりと 水たまりが...

… 続きを読む

No title * by むぅ
ホント、一時的な雨はあっても
確りとは降っていなかったですね~
川も渇水気味で釣りに行く気になれませんでしたが
これでストレス発散出来そうです。
恵みの雨に感謝です♪

No title * by うらちゃん
今年の夏は、日照り続きで畑の野菜たちには可哀そうなくらい。わが家のナスはシオシオに萎れてしまって
あがってしましました。
うたソムさんちのおナスさんたちは、色つやもよろしく
トマトも真っ赤な熟女のごとき美味しそうではありませんかっ
きょう、明日の恵みの雨で、もうちょっと夏野菜たち
がんばってもらいたいものです

No title * by KEIZI
うたソムさん お久しぶりです♪
ほんと、今回の雨は日照り続きだったから恵みの雨でしたよねぇ。

散歩してると種類によっては葉っぱが枯れ落ちてる木々も目立ちますし、我が家の庭木も葉が枯れ落ちかけていましたから・・・

そして、今まで庭木に水なんて殆どまいたことがなかったのですが、さすがに今回は妻に尻を叩かれてホースで水播きしましたよ。

そしたら、翌日から雨が降り出して・・・

妻に言わせるとめったにやらない水巻なんかやるから、もしかすると雨乞いの儀式になって雨が降るかも・・・って思っていたらしいです。

まっ、いずれにしてもほんの少しだけ猛暑も一休みって感じで助かります

No title * by 山楽番
これで秋に向けての野菜の目出し、定植が出来ますね。
うちはキャベツを撒くかどうか迷ってました。
この雨でキャベツの種を撒くことにしました。

雨降った後の野菜たちは元気になります。
と同時に草も・・・・・

No title * by cor*onj*fs
むぅさん<< なるほど~。
釣り師さん達も、川の水が減るのは困りものなんですね~。
思いもよらない所で遊べない人たちがいるのを知りましたよ~
川はジャンジャン降りすぎても濁ってダメでしょうし
けっこうコンディションが難しいものですね~。

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< やっぱり、ナスはシナシナになっちゃいますよね~
ホント、かわいそうなほどでしたが、ウチも、ほとんど枯れかけていたモロヘイヤが復活したようです!!
ワタシの子供の頃の夏のイメージ、「昼間暑くて夕方に夕立とたまに雷、そして少し涼しくなる」というパターンが理想的だったなぁと思う今日この頃です。

No title * by cor*onj*fs
KEIZIさん<< お久しぶりです!!
そっかぁ、久々の降雨は、KEIZIさんのホースで水播きのおかげだったんですね
いやいや、ひいては動かぬ夫のお尻をたたいてくれた奥様のおかげ笑♪
感謝♪ 感謝♪

No title * by cor*onj*fs
山楽番さん<<< おぉ!! やはりそちらも降ってくれたんですね~!!
山楽番さんのとこは広さがウチとは比べ物にならないから、
焼け石に水を撒くわけにもいかないですものね~

そうそう、野菜も雑草も元気になるんですよね~
まっ、しょうがないか

Comment-close▲

2015-08-10 (Mon)

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その3

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その3

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その2   の続きです。青空は覗いたものの、やはり居座る活動的なガス。そして登山道はザレとガレの混合になってきました ザレハキライダァ~振り返る摩利支天。 帰り道にそこに寄れるのかなぁ?途中から見上げたら、結構な存在感ある峰、行っては見たいなぁ♪最後の登りかなぁ? イヤなザレだでもでも、空、青くない?!?!!! (右下クリックで大きく)ほぉーら、本日初の影女が現...

… 続きを読む

No title * by 山楽番
まずまずの天気で何よりでした。
山を登っているシェフとビール持ったシェフの顔があまりにも・・・・・
とっても嬉しそうにビールを持つシェフが印象深くて駒の山頂忘れてしまいました(笑)

No title * by nadeshikokobuta
予想以上の下り…ってソコを登ったのですよね!凄い!!けど、まだ一つ目。
自分に置き換えたら😱

雨は止んでくれたのでしょうか?
寝不足で重いザックはキツイわぁ…

No title * by うらちゃん
ヤマを下りてからのビールくうっ~美味いよねシェフのうれしそうな顔

ガレガレの足元にザラザラのザレ場、お疲れさまでした で、撤退の理由はナニナニ
この先が知りたいですよ~

No title * by cor*onj*fs
山楽番さん<< 前日、ガラスのジョッキで生ビール飲んでいた人を見てから
今日こそは下山したら・・・・・と狙っていましたからね~
でもこの時間帯はブラカップでした。
でも、散々歩いて水不足の体に、一気にビール入れるのは良くないかも~?

No title * by cor*onj*fs
nadeshikokoさん<< 登るときは結構楽しくて、それほど長く感じなかったのですが、
下りは歩けど歩けど・・・なんだか長かった~

まずひと登り目は軽いザックだったので楽しめましたが、翌日からは重ザックと思うと、チョット気が重くなる~

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< 小屋についてベンチでザックをおろし、
マイテントにたどり着く前にまずビールでした
撤退の理由は「ココロとカラダ」ですかね~(笑

No title * by T嬢?
ちょっと訪問しない間に行ってきたんですね~!羨ましい~(*^^*)
全ての予定が噛み合わず、な~んにもないお盆休みを過ごしております(^^;
ま、たまにはこんな時もいいかな~と(笑)
でも、何?
敗退の文字が気になる~。。。

No title * by cor*onj*fs
T嬢さん<< しばらくT嬢さんの山レポがないのでどうしたのかな~と思っていました。
ま、そういう時もありますよね!!
当方も、途中敗退ということで、ちょっと沈した気分でおりました
記事アップのモチもなかなか上がらず、いまだにトロトロしています

No title * by tho*a*3no*ama
私は2009年7月に途中撤退したコース・・・。
同じ年の10月に黒戸尾根からリベンジしたのでしたが、やはりこのコース歩いてみたかった。
何だか楽しそうだし。(´∀`*)

だけど、予期せぬ土砂降りの雨・・・。
続きも気になる~。

No title * by cor*onj*fs
とーますさん<< 駒津峰で撤退ってのも惜しいですよね~。
でも、黒戸尾根から登頂の方がカッコイイじゃないですか~
あ、わかった。とーますさんはぜひ、駒津峰からは直登コースでお願いしますね~♪

Comment-close▲

2015-08-10 (Mon)

晩夏の畑でイイ汗♪

晩夏の畑でイイ汗♪

暦が「立秋」となった一昨日、当地いわきではかなり涼しい朝を迎え、日中、暑いようでも、日陰に入れば涼しい風が吹くという、「二十四節気」ってなんてすばらしいんだ!!と実感する気候となりました♪そんな秋の気配を少しだけ感じる今日は、畑お助け隊の皆さんと、畑仕事♪蒸し暑いんだけれど、風が先週とはチョット違う気配を感じながらの半日仕事をしてきました~♪♪と言っても、お仕事は「草むしり」「終わった夏野菜の撤収」「収...

… 続きを読む

No title * by 蜂蜜の風
昼は暑かったですが、朝夕は涼しく感じられるようになりました。まだままだ暑さ続きますが熱中症にかからないよう水分補給を大切に。

No title * by うらちゃん
ユウガオって、干瓢になる野菜ですよね~。ユウガオの中身をくりぬいて干したものに、昔は炭をいれて保存したらしいですよ。

ユウガオはどんな料理になるのでしょうか?興味深々デス。

No title * by 山楽番
いやいや、凄い草畑状態ですね~。
うちもあっという間に雑草が・・・シェフ同様草刈しました。ジャガイモは今年は不作で1株から3~4個ほどと小さなのが5個ぐらいでした。

ヒョウはうちでは食べません。
やっぱり憎い憎い雑草です(笑)刈払してレーキで集めて鶏糞撒いてビニール被せて肥料にしてます。

No title * by cor*onj*fs
はちのこの風さん<< ようこそ♪
ホント、日中はかなり暑いんだけれど、朝夕の感じから変わって来るんですよね~♪
はい、皆で声かけあって、水分補給に努めてます♪

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< おお!! さすがよくご存知!!!
ワタシは、ユウガオって、干瓢になる野菜ってことすら知らなかったです~
シェフ、さっそく今日、試作してましたよ♪
お楽しみに~♪

No title * by cor*onj*fs
山楽番さん<< 今年はジュ買いも良くなかったというハナシ、よく聞きます。
なんでウチは良かったのかな?
初めて入れた牛糞か??!??

ヒョウはねぇ~、気に入って毎日食べてますよ~♪
今朝は、モロヘイヤと合わせていただきました~♪

Comment-close▲

2015-08-08 (Sat)

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その2

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その2

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その1 の続きです。<2日目>この日の予定は、軽身で甲斐駒ケ岳ピストン♪荷が軽いと心も軽いしかも下りて来たら、マイテントが待っていてくれる♪だけどこの日にだけ、山に入る直前に急に曇り&雨マークがついた4時起床。降るな、降るなと祈っていたのに、準備をしているとポツリ、ポツリ今日は中止か・・・と様子見をしている間に、ほとんどの人たちは出発。やがて雨が上がっ...

… 続きを読む

No title * by むぅ
ああぁ、楽しそうでいいなぁ~♪
時間にも余裕があると色々楽しめますね。
うん、テン泊行きたくなって来たっ!!
続きも楽しみにしています。
が、タイトルに「敗退」の文字が・・・

No title * by nadeshikokobuta
ガスってる時の岩場、何気に濡れてたりで気が抜けない!
と、思ったら天に通じたのか!青空~!

黄色の花は咲き方が疎らですがキリンソウでは…

No title * by うらちゃん
身軽にザックだけの山歩きは快適ですね。テン泊の醍醐味は、これですよね。
甲斐駒ピストンへの登山道はこんななのですね。

どうかお天気がもちますように

No title * by cor*onj*fs
むぅさん<< そうそう、キーワードはその「余裕」です
「敗退」のキーワードとともに覚えといてくださいよ~

No title * by cor*onj*fs
nadeshikokoさん<< やっぱり、なんだかんだ言っても「青空」が大事ですよね~!!
キリンソウかぁ~♪拡大してよく見てみます♪
ありがとうございます♪

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< テント張っての軽身でウロウロはサイコーですね♪
まぁ、甲斐駒はさすがに「ルンルンお散歩~♪」とは言えなかったけど、楽しかったです♪

No title * by 楽山紀行
甲斐駒の後、仙丈ケ岳にも登られたのですか?
来年の夏山遠征の第一候補ですので続編が楽しみです。
毎度のことですが、今回も相当Mな山行計画のようですね。華奢な体で付いてゆくうたソムさん、アッパレです。

No title * by 山楽番
駒津峰でのポレポレなお二人?
ポレポレの意味?

ガスの高湿度の登りはキツイ。
でも我慢して登ったら目の前に広がる~絶景!!
の予定がガス! テンション下がるよね~。

No title * by tho*a*3no*ama
なんだか前途多難な予告の割にはスムーズに進んでて、ドキドキしながら読ませていただきました。
(^_^;)
私、数年前に長衛小屋にテント泊して、仙丈ケ岳と甲斐駒ピストンしたときは、2日とも悪天候で一度も遠望が利かず2日目に駒ケ岳に登ってる途中で強風雨で心が折れて駒津峰で撤退した苦い記憶があります。

No title * by cor*onj*fs
YMOのYさん<< はい、ブログで「来年は甲斐駒!」って拝見しましたよ~♪
ワタシは、「縦走の重いザックなら歩行時間は6時間まで」と思っているのですが、
南アルプスはそれを許してくれないコースの長さと小屋のなさが曲者なんですよね~
「華奢な体で」→実にいい響きで、ウキウキします♪

Comment-close▲

2015-08-08 (Sat)

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その1

甲斐駒~仙塩尾根~農鳥テント泊・途中敗退の巻。その1

7月末、早めの夏休みをいただいて、南アルプスを歩いてきました♪南アルプス、相性が悪いのか?、これまでに途中敗退が多発2009年夏 夜叉神峠~鳳凰三山~早川尾根~アサヨ峰~甲斐駒ケ岳・・・・は早川小屋のテン泊翌日が雨で、早川小屋のご主人に下山を進められ途中敗退。2012年夏 北岳~間ノ岳~農鳥岳~三峰岳~仙塩尾根~仙丈ケ岳・・・・は中白根山~間ノ岳で私が高山病になり三峰岳から両俣小屋に下りて途中敗退。(農鳥もパスして間...

… 続きを読む

No title * by hutatuyanosiki
こんばんは!
>テント泊で6泊7日の行程予定・・・。
WAO!
聞いただけでお腹いっぱい!
またまた、いい匂い漂わせていましたね?(笑
続編楽しみにしています!

No title * by cor*onj*fs
hutatuyanosikiさん<< いやいや、それがなかなか、思惑通りにはいかず・・・
お腹いっぱいは無理そうな・・・

No title * by むぅ
重過ぎでしょ!!押し切られてどぉ~するぅ~
ってどうにかするのがお二人なんでしょうけど・・・
自分は15kg以上は無理だなぁ。ヘタレデス
もぉ6泊7日って企画の段階でお腹いっぱいです。(^_^;)

No title * by nadeshikokobuta
心折れそう…
最高15kというときがありましたが。
今はとてもとても…
天気が良くて見てるだけなら最高ですが😅

No title * by うらちゃん
シェフの背中の23kg、カッコイイ
6泊7日ぶんの食糧、ドンだけ~
なにやら暗雲がたちこめてきそうな気配ですが、南アルプスは方角が悪いのかな~。

No title * by cor*onj*fs
むぅさん<< 大体押し切られるんですよ~
結局、飲み水・予備水でさらに3,4リットル(kg?)重くなるので、最重量の時はヘタリました
もぉ若くないんだから、考えようよ~!!

No title * by cor*onj*fs
nadeshikokoさん<< そう、心折れるんですよね~
軽身でニコニコ登山がイチバン!!
とは思うんですけれどなかなか。。。

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< そうそう、仙丈ケ岳からの下りですれ違う人に「カッコイイ~♪」って言われたそうです
完走できればかっこよかったのにね~
ザックの中身、ほとんど食料~!!ってかんじですよ~

No title * by 山楽番
羨ましいです。ロング計画をしたシェフの思惑が何となくわかるような気がします。いろんな意味で。

夏山と言っても稜線上は朝夕は寒いし、
衣食住背負うとなると20㎏は覚悟しないとなぁ。
6月の門内の時一緒に登った埼玉の方のザックを背負わせてもらったらなんと30㎏弱・・・相当でしたが、
人に出来て俺に出来ないことはない!!なんて無茶苦茶な発想でいろんな計画立ててましたが暑さで実行できずにいます。

マット破損、奥歯剥離が今後どのように影響するか、ワクワク(すいません)しながら次拝見します。

No title * by cor*onj*fs
山楽番さん<< 残雪のエブリで出会った若き岳人(それからフェイスブックでやり取りがあるのですが)、
今まさに、40kg近いザックを背負って、
南アルプス19泊20日ということをやっているはずです。
OH! クレイジー!!
やっぱり、3泊4日までくらいにしたいなぁ~♪
マットは、ちゃんと家で空気入れてチェックしたのですが、きっと劣化していてシェフの体重に耐えられなかったのでしょう。カワイソウニ~
ワクワクしててくださいね~♪

Comment-close▲

2015-08-04 (Tue)

行ってはきました。夏山。

行ってはきました。夏山。

早めの夏休みをいただいて、夏山を歩いてきました。が。「梅雨明け10日は山は晴れ」「台風一過の快晴」「夕立後の涼しさ」・・・といった、かつての天気パターンの崩壊??と暑すぎる下界と寒気の上空の狭間にはさまれた高山の不安定な天候、そして重すぎる荷物・・・・に打ちのめされて帰ってきましたあ、ここも魅力的だけど、今回はここじゃなくて。。。こっち、こっち♪ (右下クリックで大きく)ガスが遊んでます。(右下クリックで大きく)...

… 続きを読む

No title * by hutatuyanosiki
おはようございます。
オールスターズではシェフとうたソムさん
甲斐駒、仙丈に行かれたという噂が流れていましたが、やっぱりでしたね。
でも、とても空身ピストンとは思えないでかいザックで稜線を歩かれているところを見ると、またまた「M]なことをやっていたのですね(笑
どのようなコースを歩かれたのかな?
天気もまずまずでよかったですね。
本編楽しみにしています。

No title * by nadeshikokobuta
何処のお山でしょう…
シコタンソウ見れたのですね♪
東北にはないお花。一度は見たかった花なのでとても感激しました😆

No title * by cor*onj*fs
hutatuyanosikiさん<< オールスターズの噂、恐るべし!ですね~♪
いくらМ好き?でも、そろそろトシを考えなきゃいかん!と言っても、聞かない人が一人いるものですから・・・
続きは例によってポレポレ参りま~す♪

No title * by cor*onj*fs
nadeshikokaさん<< シコタンソウ!! そっか~♪
以前南アルプスを歩いた時と同じような花たちにたくさん会えたのですが、
いかんせんほとんど覚えてなくて・・・
続きの編も、ご指導よろしくお願いいたします~♪

No title * by tho*a*3no*ama
甲斐駒と仙丈ケ岳ですか?
はじめの部分がかなり多難な道中を思わせますが、まずは無事の帰還で何よりです。
詳細レポ、お待ちしてます。

No title * by 山楽番
南アルプスですか~憧れるなぁ~。
気持ちよさそうなガスの中の稜線~。
早く定年になって時間を自由に使えたらと思いますが、
そのころはどМな計画はできなくなります。(笑)

No title * by cor*onj*fs
とーますさん<< 甲斐駒というと、以前の黒戸尾根からの、とーますさんのクレイジーな・・・・いやいや、ハードな登りレポを思い出します(笑♪
シェフも、「甲斐駒は黒戸尾根から!」といつも言ってましたが、コース取りの関係上北沢からとなりました♪
っていうか、私は縦走ザックで黒戸尾根はご勘弁!でしたけどね

No title * by cor*onj*fs
山楽番さん<< おっしゃる通り!!
ウチも「いずれはお金を使う登山になるんだからできる内は・・・」と言ってます。
でも、今回はいろいろな教訓ももらってきました。
色々なものが壊れたし

No title * by うらちゃん
単なる甲斐駒、仙丈ヶ岳なわけないですよね~。
「M」のたぎる血が黙ってませんものね。
ハードな山旅のレポ楽しみにしてます。

No title * by cor*onj*fs
sophyschoiceさん<< もうそんなにたぎってはいないのですが、
どうしても南アは長歩きになってしまうんですよね~
少しはトシを考えなきゃ

Comment-close▲